TOP / CDM工法とは / 概要
CDM工法とは
概要

CDM工法 ~陸上、海上施工ともに多くの実績を誇る軟弱地盤改良工法です。

CDM工法とは、スラリー化したセメント系硬化材を軟弱地盤に注入し、軟弱地盤とともに攪拌混合し、化学的に固化する機械攪拌式の深層混合処理工法です。

CDM工法の施工は、船位誘導システム機器、スラリープラント制御機器、施工管理機器等の集中コントロールシステムを備えた海上施工の専用船、研究会にて統一されたシステム管理計器を備えた陸上施工機械を用いて行われます。

▲ページのトップへ

標準的な施工手順および打設サイクル

▲ページのトップへ